うぅぅむ。。。

a0030248_1155079.jpg
受容体欠損 「キレる」マウス
特定の生理活性物質の受容体が欠けると、ストレス環境では異常行動を起こすことを成宮周京都大教授(薬理学)らがマウスの実験で解明し、米科学アカデミー紀要に25日発表した。
 実験マウスの記憶、認識などは正常。異常な行動の様子は人間の「キレる」状態に似ており、原因解明につながる可能性があるという。
 成宮教授らは、神経伝達など体内でさまざまの役割を果たす生理活性物質「プロスタグランジン」の受容体のうち「EP1」が欠損したマウスをつくり実験した。
 高さ約20センチのビーカーの上に置いた実験では、“高所恐怖症”である普通のマウスは飛び降りないが、7匹の欠損マウスは7分間で全部が飛び降りた。正常マウスでもこの受容体をふさぐ薬を与えると、7匹中6匹が飛び降りた。
(共同通信)

ホルモンの影響を受ける受容体もあるとか。。。
「プロスタグランジン」て 子宮収縮と血圧降下の作用物質ということだし。。。
環境?何かしらの影響を受けての一種の病なんだろうね。。。
おぉ、こわ。。。。
オゾンホールから降ってくる紫外線や未知の放射性物質などによる影響か?
環境汚染によるものか?
末期だなぁ。。。(-m-)†祈り~

[PR]

by 3kshu | 2005-10-26 11:20 | ニュース

<< んふ 「アルファ」だって。。。 >>